TSマークについて

平成26年10月1日 赤色TSマーク付帯保険が変わりました

TSマークの種類と付帯保険の補償内容

※新しい補償の適用は、平成26年10月1日以降に普通自転車の点検整備を行い、赤色TSマークを貼付したものからです。

※青色TSマーク付帯保険の補償内容は変更ありません。

※保険の幹事会社は三井住友海上火災保険です。

安全、安心のために

自転車店で点検整備をしてTSマークを貼ると、障害保険と賠償責任保険が付きます。

もしもの時にTSマークが付いていれば、TSマーク付帯保険で傷害と賠償責任保険が付いています。

この制度は警察庁の指導により(公財)日本交通管理技術協会(※下線の文字をクリックするとホームページが開きます)が実施する技能検定試験に合格した者に自転車安全整備士の資格が与えられます。

その自転車安全整備士がいる自転車安全整備店で点検整備をして安全を確認した普通自転車にTSマークを貼ります。

*

画像:自転車安全整備店 左の看板がある店が自転車安全整備店で点検整備をして安全を確認した自転車にTSマークを貼ります。

*

このTSマークに保険が付いているのです。有効期間は1年間です。毎年1回の点検整備をおすすめします。安全点検料は1,296円(消費税込)です。保険料はいりません。修理が必要な時は実費が必要になります。自転車店でおたずねください。

*

運転免許返納者に特典!

運転免許返納者に特典!

高齢者運転免許自主返納の「運転経歴証明書」をご持参の方がご使用の自転車の安全点検、TSマーク点検料を40%割引いたします。
組合加盟店のうち下記の自転車店が対象となります(クリックで拡大します)。
(お問い合わせ、お申し込みは各自転車店にお願いします)

高齢者運転免許自主返納者優遇店

香川県自転車組合の加盟店は補償の大きい「赤マーク」だけを使用しています

自転車事故の死傷者は、なんと年間15万人!

*

香川県での事故の概要 保険の適用

公園施設のレンタサイクルで小学5年生(10歳・男)は母親とともにサイクリングコースを走行中、下り坂でバランスを崩して転倒し、左上腕骨顆上骨折により19日間入院したもの。

TSマーク付帯保険を適用
10万円支払った

丸亀市内において、パート従業員(71歳・女)は、自転車に乗って信号のない県道交差点を横断中、左方向から進行して来た普通貨物自動車にはねられ、総合病院へ収容されたが、外傷性脳幹損傷により、12時間後に死亡したもの。

TSマーク付帯保険を適用
100万円支払った

他県での事故の概要 保険の適用

16歳の高校生が夜19時ごろ、自転車で歩道を走行中、前に信号待ちしていた歩行者(78歳・女)がいたのでこれを避けようとしたところ相手も同じ方向に避けたので接触して転倒させ、外傷性くも膜下出血による後遺障害を負わせた。

青色TSマークを貼付していた為、賠償金1,000万円を支払った

高校1年生(15歳・男)が、夜19時ごろ自転車に乗って走行中、対向してきたウォーキング中の歩行者(61歳・男)と衝突し、外傷性急性くも膜下血腫により翌日死亡させた。自転車搭乗者は前照灯を点灯していたが、夜間であり、相手が反射剤等が付いていない黒っぽい服装であったことから発見が遅れ衝突した。
※この事例は平成14年であったので、賠償金は1,000万円であったが、平成26年10月1日以降であれば、最高5,000万円までの補償となる。

赤色TSマークを貼付していたため賠償金1,000万円と、弁護士費用875,000円を支払った
弁護士費用も支払っています

TSマークの支払い対象の説明

  • 傷害保険とはTSマークが貼付されている自転車に搭乗中の人(同乗者も含む)が国内で事故に遭った場合に適用されます。
  • 死亡事故とは、事故から180日以内に死亡した場合です。
  • 賠償責任保険とはTSマーク貼付の自転車に搭乗中の人が相手方又は第三者に死亡又は重度後遺障害を負わせた事により法律上の損害賠償責任を負担した場合に適用されます。
  • 搭乗中の人は自転車の持ち主でなくても良いのです。友人から借りていても対象になります。
  • 搭乗中とは自転車から降りて押している場合も含まれます。
  • 事故は道路上で起きたものに限定されません。自転車置き場、歩道橋などの階段、自転車通行が出来る公園内の広場や地下街の通路なども含みます。
  • 同乗者に対する傷害保険は適用されます。
  • 重度後遺障害とは、自賠法に定められている後遺障害の1級〜4級(賠償責任傷害においては1級〜7級)までをいいます。
  • 被害者見舞金の支払いは、TSマークが貼付された自転車に搭乗中の人が第三者に傷害を負わせ、その第三者が入院加療15日以上となった場合に適用されます。

*

支払い出来ない場合

  • 盗んだ自転車など正当な権利を持たない自転車に搭乗中の事故の場合。
  • 自転車競技大会やイベントなどで出場、出展していて事故に遭った場合。
  • 道路以外の場所(スキー場など通常自転車が乗り入れないような場所)で事故に遭った場合。
  • 自転車搭乗者の故意による事故の場合。
  • 地震、噴火、津波などによる事故の場合。
  • 酒を飲めば事故になることを知っていながら飲酒して事故を起こした場合。
  • 同乗者及び同居の親族に対する賠償責任。
  • 傷害補償で頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)又は腰痛で他覚症状のないもの。

*


TSマークについてのQ&Aは、(公財)日本交通管理技術協会の「TSマークに関するQ&A」ページをご参照ください。

組合員専用ページ

自転車組合|理事長のブログ

スマートフォン向けサイトはこちら!!|お近くの自転車店を一発検索!!|位置情報サービスを「オン」にしてご覧ください。